Nullog

サイドFIREに邁進中の公認会計士が、会計・財テク・QoLについて書いてるブログ

【公認会計士】短答式の合格に必要な勉強時間は1,500時間

公認会計士試験の短答式に合格するには、どのくらい勉強したらいいか、気になりますよね? この記事では、短答一発合格者が、その実体験から合格に必要な勉強時間を解説します。短答合格を目指している人は、ぜひご覧ください。

【短答式試験】企業法の勉強は「毎日」「テキスト」を読み込むことで高得点につながる

「どんな勉強をすれば短答式の企業法でいい点数が取れるの?」「目安の勉強時間は?」「金商法と商法はやったほうがいいの?」 こんなふうに、公認会計士試験の短答式試験に向けた企業法の勉強方法で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 そんな人の疑…

【公認会計士試験】過去問対策すると本番の緊張や焦りがすこし和らぐ

「授業や答練とかの勉強で手一杯なのに過去問に手を出したほうがいいのかな…。過去問に手を出すにしてもどんなふうにすればいいのかわからないな…」 こんなふうに、公認会計士試験の過去問をどのように対策したらいいか迷っている人は多いのではないでしょう…

赤字覚悟のUberEatsを展開して、Uberは何を企んでいるのか

UberEatsの配達パートナーをしていて、ふと「Uber本体はUberEatsから利益が出ているのか」と疑問に思いました。 なぜなら、売上と配達パートナーへの支払いが全く釣り合っていないからです。

怒ってもいいことないよ? 寛容な心を持とうよ

UberEatsの配達員でお昼時のマクドナルドへ料理をピックアップしに行くと、料理の提供に待たされたおじさんが店員さんを怒鳴りつけている場面に出くわしました。 当然、傍目から見て気持ちいいものではありません。むしろ不愉快です。 というか、そもそもお…

【公認会計士試験】ケアレスミスの種類とその対処法

論文式試験は「ケアレスミスを少なくした人が合格する」といったことを言っていた予備校の講師がいました。実際にほとんどの受験生の実力はそこまで変わりませんので、合格ラインギリギリの受験生はケアレスミスで明暗が分かれます。ケアレスミスで合格を逃…

勉強時間を確保するための5つの方法

公認会計士試験に受かるためには、およそ3000時間の勉強が必要だと言われています。年数になおすと1年半から2年かかります。 それだけの時間を確保するためには「よしやるぞ!」という気合だけでは確保できません。自分のモチベーションにかかわらず勉強す…

成増でUberEats配達員は稼げるのかを実際にやってみた

UberEats配達員は都心の渋谷区や港区じゃないと稼げないイメージありませんか? まあ、実際そのとおりです(笑)。 加盟しているレストラン数も多いし、注文している人も多い。配達員向けのプロモーションもほとんどの曜日と時間で実施されていることからも…

UberEats配達員をやって遭遇したトラブル

先日、UberEatsの配達していたら後味の悪いトラブルに巻き込まれたので、まとめたいと思います。

サイバーエージェントの決算資料での違和感

こんにちは、千秋です。 サイバーエージェントの決算資料を分析して記事にしようと思って決算資料をパラパラと見ていたら、分析する前に、営業利益の説明にかなり違和感を覚えたので、まずはその部分を記事にまとめてみました。

UberEats配達員のインセンティブとは

こんにちは、千秋です。 UberEats配達員で効率よく稼ぐためには「インセンティブ」を上手く使う必要があります。 そこで今回の記事では、どんなインセンティブがあるのかをまとめてみました。 ※新しいインセンティブや仕様変更があったら随時更新します!

【公認会計士】試験で活躍したオススメの持ち物を一挙公開!

公認会計士試験で使う電卓やボールペンのオススメを知りたくないですか? この記事では、合格者が試験で実際に使った道具(修正テープやシャーペンなど)を紹介します。どんな持ち物を使ったらいいか迷っている人、必見です。

初心者のUberEats配達員が注意すべき5つのこと

こんにちは、千秋です。 都心ではUberEatsのカバンを背負った配達員をよく見かけるようになりました。それだけUberEatsが周知されて配達員も増えているようです。これから配達員ももっと増えるでしょう。 私もUberEatsの仕組みに興味があったので、現在は空…

公認会計士試験で耳栓を使わなかった理由

公認会計士試験の持込可能なものとして「耳栓」があります。ぼくの肌感ですが、試験会場のおおよそ20%~30%の人が使用していました。 耳栓は外からの音を遮断するので、雑音が聞こえなくなるので問題を解答することに集中できるようになります。 そん…

【公認会計士試験】下書きはシャーペンかボールペンか

こんにちは、千秋です。 今回の記事では、公認会計士試験の論文式試験の下書きについて書いていこうと思います。 論文式試験は解答用紙を書き込む際にはボールペンを使用しなければなりません。ボールペンとシャーペンを持ち帰る手間を考えたら、計算や理論…

UberEats配達員のアプリのバッテリー消費はこう防げ

UberEatsの配達員をやっていると気になるのが、バッテリーの消費量です。 「Uber Driver」という専用のアプリで配達の仕事を請け負うのですが、起動させているだけであっという間に電池を消費していきます。 何も対策をしないと、配達の途中でバッテリー切れ…

私がお金に興味を持ったきっかけ

こんにちは。千秋です。 今回はなぜ私が公認会計士やCFOを目指すほどお金に興味を持ったのかについて語っていきたいと思います。 私の両親はどちらも小学校の教師で、かなり真面目な人です。 そんな両親の元で「お金よりも大切なことがある」と口酸っぱく言…

仕事選びは「生き方」から逆算すればいい

大人になると、自分で生活するだけのお金を稼がなければなりません。 誰でも何かしらの仕事をする必要があるのです。 じゃあどんな仕事に就いたらいいのでしょうか。 YoutubeのCMで「好きなことで、生きていく」というのがありました。 好きなことで、生きて…

短答式試験に合格するための戦略とは【財務会計】

この記事では公認会計士試験の短答式試験の財務会計の戦略について考えてみたいと思います。 短答式試験全体の戦略についてまだ読んでいない方は、下記の記事を読んでから本記事を読まれるとより理解できます。 あなたは短答式試験の戦略を綿密に立て、勉強…

短答式試験に合格するための戦略とは【監査論】

この記事では公認会計士試験の短答式試験の監査論の戦略について考えてみたいと思います。 短答式試験全体の戦略についてまだ読んでいない方は、下記の記事を読んでから本記事を読まれるとより理解できます。 監査論は企業法とほとんど同じ問題構成となって…

短答式試験に合格するための戦略とは【管理会計】

この記事では公認会計士試験の短答式試験の管理会計の戦略について考えてみたいと思います。 短答式試験全体の戦略についてまだ読んでいない方は、下記の記事を読んでから本記事を読まれるとより理解できます。 管理会計は短答式試験の中で最も戦略を考えな…

短答式試験に合格するための戦略とは【企業法】

この記事では公認会計士試験の短答式試験の企業法の戦略について考えてみたいと思います。 短答式試験全体の戦略についてまだ読んでいない方は、下記の記事を読んでから本記事を読まれるとより理解できます。 まず結論から言うと、企業法に戦略は特に必要な…

短答式試験に合格するための戦略とは【全般】

公認会計士試験の第一関門である短答式試験。 合格率はおよそ10%。 勉強をいくら積んだとしても、無策でいけば合格することは難しいです。 今回はそんな短答式試験に合格するためにどんな考え方や戦略を使えばいいのか、私の経験をベースに考えていきたい…

Surface laptopのメモリリークと電池消費の問題を解決する方法

マイクロソフト Surface Laptop [サーフェス ラップトップ ノートパソコン]プラチナ DAG-00106 出版社/メーカー: マイクロソフト メディア: この商品を含むブログを見る パソコンを「Surface Laptop」に買い替えたのですが、大してソフトを立ち上げていない…

私が公認会計士を目指した理由

公認会計士を目指す理由は人によって様々だと思いますが、話を聞いてみると以下のような理由が多いです。 難関資格に挑んでみたい。 手に職をつけたい。 会計が好き。 社会の役に立ちたい。 しかしながら、私はそういった理由で公認会計士を目指したのではあ…

【公認会計士試験】授業はWeb受講すべき3つの理由

公認会計士試験を予備校で勉強するとなると、数多くの授業を受ける必要があります。TACの2年コースを受講した場合だと、すべての授業をあわせてなんと210コマ!(答練の解説授業を除く) 1コマあたり3時間の授業ですので、授業だけで630時間も費やす計算…

働きながら公認会計士を目指すべきではない

公認会計士試験は旧試験と比べると「働きながら合格しやすくなった」と言われます。 私もそのことを半分くらい信じながら、働きながらTACの2年コースに申し込み、勉強をはじめました。 勉強を始めた当時は「働きながら1発合格できるんじゃないか」と根拠の…

【公認会計士試験】試験本番のプレッシャーとその対応策

公認会計士に合格するための勉強時間は3000時間と言われています。これだけ勉強したのだから、絶対に合格したいと思うのは当然です。 しかし短答式試験は年に2回、論文式試験は年に1回です。勉強に費やしてきた時間を判断するにはあまりにも少ない試験回数…

試験勉強に休息日は必ず設けたほうがいい理由

試験勉強をする際に、休息日は設けているでしょうか。 もし設けていない人がいるなら、休息日を設けてください。何か挫折があった時に疲労が溜まっていると、試験勉強に手を付けられないぐらいにまで心が折れてしまう可能性があります。

答練の結果は気にせず「復習」を大切にしよう【答練でいい点数が取れない理由を解説】

公認会計士試験を予備校で勉強をしている人は、数多くの答練を受けることになります。 ぼくはTACで受講していまして、判定がA~Eの5段階でされていました。「E」が一番悪い結果なのですが、基本的に「E」ばっかりでした(笑)。 しかし、「E」という悪い成…