Nullog

サイドFIREに邁進中の公認会計士が、会計・財テク・QoLについて書いてるブログ

【公認会計士】短答式の合格に必要な勉強時間は1,500時間

こんにちは、ヌルです。
短答式には、働きながら9か月、退職して勉強に専念して5か月で、一発合格しました。
現在は大手監査法人で事業会社の監査をしてます。

短答式に合格するにはどのくらいの勉強量が必要なんだか、わからないな…。

こんな疑問に応えます。

公認会計士試験は、短答式と論文式に区分されます。

ただ、公認会計士試験の勉強時間についてググってみると、全体で3,000時間とか5,000時間とか言われる一方で、短答式や論文式の個別で説明しているページは、あまりありませんでした。

なので「まずは短答式に合格したい!」と思っている人にとって、目安の勉強時間が分からないままになっていると思います。

そこで、この記事では、僕の実体験をベースに、短答式の合格に必要な勉強時間について解説しました。

この記事の勉強時間は僕の主観がてんこ盛りですし、あくまで目安ではあります。

ただ、闇雲に勉強するよりは、僕のような短答式に一発合格した人の勉強時間はある程度参考なるんじゃないかなと思っています。

なるべく多くの人に参考になるように書きましたので、ぜひこの記事を読んでみてください。

それでは、本編をどうぞ!

勉強時間の集計の前提条件

f:id:Null795:20170922204025j:plain

早速どのくらいの勉強時間か知りたいところかもしれませんが、その前に、前提条件を説明させてください。

というのも、個人のスペックや、時間の集計方法によって、勉強時間が大きく左右されてしまうからです。

もし、あなたがこれから説明する僕の条件に近ければ近いほど、この記事の勉強時間が目安になる確度が上がってきます。

 この記事を書いている人の基本情報

  • 偏差値60程度の大学に現役で合格し、日本文学を専攻し、4年で卒業。
  • 卒業後は5年間ほどITベンチャーなどで勤務。
  • 公認会計士を目指すまで、簿記を勉強したことがない。

あなたが僕の基本情報と近ければ近いほど、この記事の勉強時間を目安として使える可能性は高いです。

もし、離れていても、ちょっと調整すれば勉強時間の目安になると思います。

僕よりも基本スペックが上だと思えば、勉強時間は割り引いていいです。

僕よりも基本スペックが下だと思えば、勉強時間は割り増しが必要です。

 勉強時間の集計方法

  • Be Focused Pro」というアプリを使って時間を集計。
  • 授業や答練など、公認会計士試験の勉強として使ったあらゆる時間を集計。
  • ただし、移動など隙間時間の勉強は厳密にカウントできていないので、これはざっくりと集計。

勉強時間の集計に使ったアプリの特性上、勉強に集中している時間のみを集計しています。

そのため、一般的な勉強時間の集計よりも厳密だと思いますので、その説明を少し説明します。

僕が勉強に専念していたころ、1日当たり9時間ほど勉強時間としてGoogleカレンダーに予定を入れていました。

ですが、上記の方法で、アプリで勉強に集中している時間だけ集計すると、1日当たり5時間から6時間の勉強時間として記録されていました。

これは勉強をサボっていたとかそういう話ではなく、休憩している時間などを厳密に除いた結果です。

実際にやってみたら分かると思いますが、本当に集中できている時間というのは、かなり少ないです。

1年間の目安の勉強時間は「1,500時間」

f:id:Null795:20210706112057j:plain

僕の経験から、1年で1,500時間ほど勉強ができれば、短答式の合格可能性は高いです。

 科目別の勉強時間の実績

  • 財務会計論:740時間
  • 管理会計論:283時間
  • 監査論:105時間
  • 企業法:177時間
  • 合計:1,304時間

僕が短答式合格するまでの勉強は上記の通りで、合計すると1,304時間でした。

ただ、勉強を始めたばかりはアプリを導入していなかったのと、移動時間などの隙間時間の勉強はアプリに記録をしていませんでした。

そういったことを踏まえると、合計で1,500時間ぐらいは勉強していたと思います。た。

財務会計論の勉強時間が多いですが、この後もう少し補足します

一方で、監査論の勉強時間はかなり少ないですが、これは僕が監査論を得意としていたからです。

監査論は、そこまで時間をかけずに点数を取れるようになりました。

なので、多くの人にとっての監査論の目安の勉強時間は、150時間とか200時間になると思います。

財務会計論に勉強時間を多く使うべき3つの理由

短答式の合格のためには、とにかく財務会計論が重要です。

 財務会計論に勉強時間を使うべき3つの理由

  • 配点が大きい。
  • 出題範囲が広い。
  • 計算問題を早く正確に回答できるようになるまでに時間がかかる。

まずは配点ですが、短答式において、財務会計論の配点はとても大きいです。

短答式全体で500点満点であるところ、財務会計論は200点も占めています。

この配点のせいで、財務会計論以外の科目が高得点だったとしても、財務会計論を失敗したせいで、不合格になるケースがあります。

逆に、財務会計論以外の科目を多少失敗していても、財務会計論で高得点が取れていれば、合格しているケースもあります。

次に出題範囲ですが、他の科目と比べものにならないほど広いです。

その広さは予備校のテキストを見れば明らかです。

僕が通ってきたTACでは、財務会計論の計算用のテキストだけで10冊ぐらいあります。

さらに、別に理論用の分厚いテキストが1冊あります。

ちなみに、管理会計論は1冊、監査論は1冊、企業法は2冊です。

こんなテキスト量では、当然、財務会計論の勉強に時間がかかります。

最後に計算問題ですが、点数を安定して取れるまで多くの時間が必要です。

例えば、リース取引の問題で考えてみましょう。

リース取引の中にはぱっと考えるだけで、細かい論点がいくつもあります。

所有権移転・残価保証・維持管理費・etc…

短答式試験は選択肢が6つもありますから、これらの論点を組み合わせたさまざまな選択肢が用意されていて、一筋縄ではいきません。

こういった問題を、本番の試験でスラスラと回答する必要があります。

こういう状態になるまで勉強するのに時間がかかるというのは、感覚的に分かるはずです。 

単に1,500時間の勉強をしても合格できない?

気を付けてほしいポイントして、ここで紹介した「1,500時間」という勉強時間は、ただ満たせばいいというものではないということです。

もしあなたが10年もの歳月をかけて、短答式の勉強を1,500時間勉強したとしましょう。

これで合格できるかといえば、99%無理です。

人はどうしても覚えたものを忘れる生き物です。

忘れることを前提とすると、テストでいい点数を取るためには、できる限り短い期間で密度の濃い勉強をして、様々なことを覚えてないといけません。

短答式はその最たる例とも言っていい試験で、短い試験時間の中で膨大な知識のアウトプットを求められます。

ちなみに、僕は短答式の勉強期間は1年2か月で、勉強時間は1,500時間です。

ただ、次の章でも説明しますが、僕は勉強に専念するまでは、密度の濃い勉強をできていたとは言えず、勉強期間という面では参考にならないかもしれません。

なので、少し勉強期間を短く見積もって、1年で1,500時間で勉強をすれば、多くの人は短答式に合格できる可能性は高いと考えています。

1か月の目安の勉強時間は「150時間」

f:id:Null795:20210706163821j:plain

この章では1か月の勉強時間を考えてみましょう。

 月別の勉強時間の実績

f:id:Null795:20210707163144p:plain

この画像は、僕の月別の勉強時間です。

働きながら勉強した期間は、あんまり勉強できてないですね(笑)。

ただ、この期間で身についた勉強の習慣や、働きながらでもある程度勉強が進められたといった自信が、試験勉強を継続できた要因でもあります。

多くの人に参考になるのは、勉強に専念していた7月以降の勉強時間です。

コンスタントに月に150時間以上の勉強をしていました。

ちなみに、12月は時間が少ないですが、12月上旬に試験があったのが要因です。

1か月に換算すると、この月も150時間の勉強のペースとなっています。

1日当たり5時間の勉強をする大変さ

単純に150時間を30日で割っても、1日当たり5時間の勉強していることになります。

1日5時間の勉強って、しょぼくない?

気持ちは分からなくはないですが、僕は相当難しいことだと思っています。

あなたに質問ですが、仕事でも趣味でもいいのですが、1日に5時間も集中した状態で打ち込めているものってありますか?

それを1か月以上も継続しているものがありますか?

この質問にすぐに「Yes」と回答できる人は、公認会計士試験は楽勝です。

ただ、多くの人が「No」という回答になるんじゃないでしょうか。

仕事をしている人は7時間や8時間ぐらい働くと思いますが、その時間すべてを仕事に全力で取り組めているでしょうか。

少なくとも、僕は無理です。

休憩時間は必要ですし、机に向かっているけど集中できてない時もあります。

月に150時間と聞くと意外と少なく感じますが、冷静に考えてみると、相当な精神的な強さがないとできないことなのです。

この記事のまとめ

最後に、この記事の重要な点をまとめました。

  • 1年間で1,500時間の勉強ができれば、短答式に合格できる可能性は高い。
  • 短答式は財務会計論を中心に勉強するのが、合格のポイント。
  • 1か月で考えた場合、150時間の勉強が目安。

勉強時間はあくまで目安であるため、今回ご紹介した時間を満たしていたとしても、絶対に合格できるわけではありません。

ただ、目安を目標に勉強することが大切ですし、目安がないとそもそも勉強を始められないかもしれません。

何より、この記事で書いた勉強時間は僕の実体験がベースなので、僕と同じように勉強ができれば、合格可能性があるのは間違いないのです。

後は、問題の運やその日の体調、最後まであきらめずに問題に向き合えたかなどが、合格を左右します。

この記事を、短答式の勉強計画の参考に使っていただけると幸いです。