Nullog

サイドFIREに邁進中の公認会計士が、会計・財テク・QoLについて書いてるブログ

半年で短答合格は凡人にとって無理ゲーです【最短でも1年は覚悟】

f:id:Null795:20191116180026j:plain

「短答って半年くらいの勉強で合格できるかな。もし合格できるならその勉強方法も教えて欲しいなあ」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • 半年では勉強時間が全然足りない
  • 半年で合格している人の特徴
  • 無理ゲーな上でも挑戦する人へのアドバイス

半年で短答合格するのは、ものすごい茨の道です。

合格した人がいないわけではもちろんありませんが、「元々のスペックが高いこと」と「かなり無理な勉強方法」が必要です。

なので、自分のことをとても優秀だと自負する人以外、オススメできません。
(そんな人は多くないはずです…)

この記事では、半年で短答合格することが無理ゲーであることと、それでも挑戦したい人へのヒントを提供します。

半年では勉強時間が全然足りない

f:id:Null795:20181003150735j:plain

まず、短答合格には最低でも1,500時間が必要です。

詳細は以下の記事で解説しているので、興味がある人は読んでみてください。

次に、半年でどれくらい勉強時間を確保できるのか計算してみましょう。

「日数は365日をざっくり半分」「1日の勉強時間は8時間」という条件でシミュレーションしてみましょう。

  • 日数:365日 ÷ 2 ≒ 180日
  • 1日あたりの勉強時間:8時間
  • 180日 × 8時間 = 1440時間

この条件で考えると、半年で確保できる勉強時間は1,440時間でした。

1,500時間には少しだけ足りていないだけなので、きちんと勉強していれば合格できる可能性は高いです。

ただ、この条件通りに勉強をやりきるのは無理ゲーです…。

なぜなら、この条件には休みを一切考慮していないからです。

毎日休みなしで勉強するには、相当な精神力が必要です。
日々、強度の高い勉強になれている人以外無理だと思います。

毎日勉強するのですら大変だというのに、そのうえで1日に8時間も勉強するというのは、無理に無理を重ねているとしか言いようがありません。

というわけで、もう少し現実的な条件で再検討してみます。

「週1日で休み」「1日の勉強時間は6時間」としてみると、次のようになります。

  • 日数:180日 × 6 ÷ 7 ≒ 154日
  • 1日あたりの勉強時間:6時間
  • 154日 × 6時間 = 924時間

ただ、924時間しか勉強ができないため、目安の勉強時間には500時間以上足りていません。

どんなに効率よく勉強しても、時間が足りなさすぎで合格は無理です。

半年で合格している人の特徴

f:id:Null795:20200112145215j:plain
勉強時間を考えてみただけで無理ゲー感がありますが、実際に半年程度で合格している人はいます。

その人の特徴をまとめてみました。

  • 慶應大学出身
  • 授業を倍速で1日2本こなす(授業は1本3時間程度)
  • 休みはなし
  • A論点B論点を勉強して、C論点は基本的に捨てる
  • 論文の記述練習は最後の模試だけ
  • 答練は受けることと受けないことが半々ぐらい

参考(効率的な学習で9ヶ月の超短期合格【三ノ輪真也さん】 | CPA会計学院)

箇条書きにしてみるだけでもハイスペック感が伝わってきます。

まず、慶応大学出身ということで、トップクラスの大学に合格できるぐらいの地頭や勉強習慣が身についていると思われます。

「高学歴=勉強ができる」とは限りませんが、勉強ができる割合はその辺の大学に比べたら段違いに多いです。

次に、授業を一日に2本見るというのも、結構すごいことです。

単純に見流すだけなら誰でもできますが、授業の内容をきちんと理解してインプットするためには集中力を要します。

それを1本ではなく2本見るというのは、相当な体力と精神力を持っています。

また、そういった強度の高い勉強をしておきながら、平然と休みなしで勉強をし続けているのも、かなり異常です。

あまり試験では出てこないC論点を最初からきっちり捨てているのは、時間がないからこその割り切りがしっかりできているなという印象です。

最後、びっくりしたのが論文の記述練習をしていなかったことですね。

理論上、きちんと頭の中で理解をしていれば記述の練習なしでも、問題なく文章を書くことは可能です。

ただ、あくまで理想の話であって、普通は記述練習をしないと論文で点数は取れません。

この記事を書いている僕は記述問題が本当に苦手で、多くの文章を書いて先生からフィードバックをもらっていました。

その記述練習なしで論文まで合格しているというのは…。

最後は論文の話も入ってしまいましたが、短答を半年で合格する人がどのくらいハイスペックなのかわかっていただけたと思います。

無理ゲーな上でも挑戦する人へのアドバイス

f:id:Null795:20190521121818j:plain

「勉強時間が足りない」「自身のハイスペックが必要」というのは理解いただけたと思います。

それでもなお、半年での短答合格に挑戦したいという人に向けて、アドバイスをいくつかします。

A論点B論点を必死にマスターする

各予備校で難易度の呼称は違うでしょうが、要はA論点(最重要)とB論点(重要)だけを勉強をしようということです。

C論点は「出題可能性がそこそこある」といった感じで、予備校的には無視できないからテキストには含めています。

しかし、そういった論点は受験生のほとんどがちゃんと勉強していませんし、その論点が出題されても予備校でやったようなことのない形式がほとんどですので、点数につながりません。

そのため、C論点は完全に捨てて、A論点・B論点に少ない勉強時間を投入しましょう。

その方が合格可能性がグッと高まります。

授業は絶対にサボらない

授業は1本あたり3時間近く使ってしまうので、時間がないとサボったり飛ばしたりしてしまいがちです。

しかし、授業はかなり良質なインプット方法です。

講師が論点やテキストの内容を噛み砕いてくれていますから、テキストをただ読むよりも分かりやすいです。

また、読む(視覚)だけでなく、聞く(聴覚)も使うので、より頭に入ってきやすいです。

短期合格したいのであれば、「急がば回れ」で授業は絶対に受けるべきです。

(ただし、たまにC論点の内容だけの授業があるので、そういうのは飛ばしましょう)

答練も絶対にサボらない

授業と同様に、時間がないと答練もおろそかにしがちです。

勉強においてはインプットは大切ですが、アウトプットはそれ以上に大切です。

アウトプットとは「思い出して表現する」ということで、この動作をすることで勉強した内容が記憶により定着しやすくなります。

ただ、アウトプットはつらいし疲れるので避けがちです。

そこで、強制的にアウトプットする機会として、予備校の組んだスケジュール通りに答練を受けるというのは、有効な手段です。

「答練の問題を家に持ち帰ってやる」ということもできますが、そうするとつい解答を見るだけでアウトプットはしなかったり、最悪はやらずに答練が積みあがっていくことも容易に想像できます。

自分の実力を向上させるために、歯を食いしばってスケジュール通り答練を受けましょう。

土日はない

時間がなさすぎるため、土日も基本的に勉強です。

どうしても集中できなかった日は、半日や1日休むという決断をして、健康をぎりぎり保つようにしましょう。

理論問題を重点的に勉強する

短答式試験における点数の割合は、理論問題が多いです。

短答式試験の一般的な配点

科目 理論問題の配点 計算問題の配点
企業法 100 0
管理会計 40 60
監査論 100 0
財務会計 80 120
合計 320 180

表を見るとわかるように、計算問題が180点(全体の36%)に比べて、理論問題は320点(全体の64%)もあります。

そのため、点数を取るだけなら、理論問題を詰めていくのが効率的です。
短期で短答合格したいのであれば、本来は計算問題に当てるべき時間も、ある程度は理論問題に当てるべきです。

ただ、このやり方は論文合格まで見越した時にはリスキーな方法なので、それを覚悟で臨んでください。

まとめ:半年での短答合格は目指すべきではないが、やるなら相当の覚悟を持て

それでは、この記事を簡単におさらいしましょう。

  • 半年で1,500時間の勉強時間を確保できる環境を作ることが大前提
  • 自分自身の勉強スペックがとても高いことも必要
  • そのうえで短答に特化した勉強を貫けないといけない

簡単に箇条書きにしましたが「僕には無理だな…」と感じます。

「とりあえずチャレンジしたい!」という人もいるかもしれませんが、最終的に公認会計士試験に合格したい人ならば、チャレンジすらオススメしません。

というのも、挫折を感じると勉強を続けることが本当に難しくなるからです。

半年で短答合格するのは基本が無理ゲーなので、多くの人は挫折するでしょう。

挫折した後から通常のスケジュールで勉強できればいいのですが、無理したうえで挫折しているので、メンタル的に無事な気がしません。

結果的に公認会計士試験から撤退する可能性がとても高いです。

最終的に公認会計士試験に合格したいのであれば、無理のないスケジューリングで挑むことを強くオススメします。

じゃーの。